2020年3月29日(日)マーチステークス(GⅢ)予想のための過去10年レース結果分析

こんばんは!今回は今週末、3月29日(日)に中山競馬場で行われる、ダート重賞マーチステークスGⅢダート1800m)の予想の参考になればと、過去10年のレース結果をみて独自に分析してみました!

近年はなかなか荒れ模様な傾向のようで穴党の方には予想がおもしろくなりそうなイメージです!!

f:id:mabo0717:20200326194754j:plain

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

マーチステークスGⅢ中山競馬場ダート1800m過去10年レース結果分析

 

目次

 

1.過去10年馬券内に絡んだ枠番と脚質

1枠  2枠  3枠  4枠

3頭  6頭  2頭  4頭

 

5枠  6枠  7枠  8枠

2頭  4頭  2頭  7頭

 

逃げ  先行  差し  追込

2頭  11頭 11頭 6頭

(勝ち馬・・・逃げ1頭、先行3頭、差し3頭、追込3頭

 

2.人気別の馬券内に絡んだ頭数

 

1~3番人気・・・10頭

4~6番人気・・・9頭

7~9番人気・・・5頭

10番人気以下・・・6頭

 

3.東西厩舎別の馬券内に絡んだ頭数

美浦・・・11頭

栗東・・・18頭

地方・・・1頭

 

4.まとめ

まず、枠番でみてみますと内外あまり差が無いようですが8枠が相性がいい模様です!

脚質に関してはダート戦ということで先行勢有利かと思いきや、差し追込がかなりきまっているようです。特に後方待機の追込馬が6頭も馬券内にからんでいて内3頭が勝ち馬となっております。先週までの中山ダートは逃げ、先行勢が圧倒的に有利に見えましたので当日の傾向もみてしっかり展開をよみたいところですね!

そしておもしろいのが人気別で見ると全30頭中、11頭が7番人気以下の馬と、穴馬がなかなか絡んでいます。特に10番人気以下の大穴の馬が6頭も絡んでいるので今年も穴馬に期待できるかもしれません!

厩舎別で見ると栗東組がやや優勢のようですね。

 

 

※脚質に関してはコーナー通過順位をみて独自に判断しております。