2020年5月10日(日)新潟大賞典(GⅢ)予想参考のために過去10年レース結果分析

 

こんにちは!皆様、今週末も無事競馬の方は開催される予定で本当に嬉しい限りですね!ステイホームで競馬を楽しみましょう!

今回は、5月10日(日)に新潟競馬場芝2000m戦で行われる、新潟大賞典(GⅢ)の予想のために過去10年のレース結果分析を書いていきます。

元々ローカル重賞という事もあり、そこまで出世レースではありませんでしたが、昨年の1、2着馬を覚えてらっしゃるでしょうか?!

 

昨年7番人気ながら優勝したメールドグラースは、一気にGⅢを三連勝、そしてオーストラリアGⅠのコーフィールドカップを完勝しましたね!

 

昨年2着だったミッキースワローもその後、GⅡ、GⅢを勝ち、その他に出走した重賞レースでもかなり安定した結果を残しました!そしてご存じの通り、先週行われた天皇賞春では怒涛の追込みで馬券内の3着に入り込みましたね!

 

そんなこともあり、今年も注目してみたい1戦になるかと思います!

 

f:id:mabo0717:20200507141030j:plain

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

 

新潟大賞典(GⅢ)過去10年レース結果分析

新潟競馬場2000m(芝・外)

 

目次

 

1.過去10年、馬券内に絡んだ馬の枠番と脚質

 

1枠  2枠  3枠  4枠

6頭  4頭  7頭  1頭

 

5枠  6枠  7枠  8枠

3頭  3頭  2頭  4頭

 

逃げ  先行  差し  追込

1頭  10頭 11頭 8頭

(勝ち馬・・・逃げ0頭、先行3頭、差し6頭、追込1頭)

2.過去10年、人気別の馬券内に絡んだ頭数

 

1~3番人気・・・12頭

 

4~6番人気・・・8頭

 

7~9番人気・・・4頭

 

10番人気以下・・・6頭

3.東西厩舎別の馬券内に絡んだ頭数

 

美浦・・・14頭

 

栗東・・・16頭

4.その他注目したいデータ

 

・過去10回の内、8回で6番人気以下の馬が連対している。

 

・過去10年、1番人気の優勝は無し。

 

・過去10年の勝ち馬10頭の内、9頭が前走4着以内の馬だった。

 

5.まとめ

 

・枠番別で見ますと、内枠が有利な傾向にあるようですね。過去10年馬券内に絡んだ全30頭中、17頭が1~3枠の内枠の馬でした。

相性が悪いのは4枠、7枠なようです。

 

・脚質では、ハナを主張する逃げ馬は不利なようですね。直線が長い新潟競馬場なので差し、追込馬がかなり有利かもしれません。

 

・人気別では、波乱の可能性大のデータとなっていますね!(笑)

1~3番人気の上位人気馬でも、過去10年では3割弱ほどしか馬券に絡めていません。ここは大穴を狙うチャンスがありそうです!

 

 

※脚質に関してはコーナー通過順位をみて独自に判断しております。